雲取山 テン泊登山 2日目

二日目 グラノーラクッキー?をもそもそと食べながら起床。 なんだかのどが痛い。筋肉痛は無し。 ちゃちゃっと撤収して雲取山へ向かう。 昨日に続いて曇ってるが、雨が降りそうなほどでもない。 三條ダルミからの景色。晴れてたらなーと思うが仕方ない。 ここからの急登がきつかった。写真を撮るのも嫌なほど…ということで写真はない。


なんとか登り切って、頂上に到着。やはり人が多い。


次からはなにかポーズを考えよう…。 ここが東京最高峰かー。 雲で景観もいまいちなせいか思ったほど感動はなく、軽く休んで先へ進む。


石尾根の何も無い感じがいい。 ここからは緩やかでだらだらとした下りがしばらく続く。


一日目にテーピングをはがして、そのまま張らずにいたので若干不安だったが、幸い痛みが出ることはなかった。 ただ慣れない靴なせいか、足が少しずつ痛くなってきた。実際歩きながらは見れないものの、かかとと親指の皮が剥けてる気がした。

なんだかんだで山を下り鴨沢のバス停に着いたもの、先客の方に「バス無いよ」と言われてしまう。 時刻表を見てみると、少し前にバスが出てしまってその後2時間以上バスがない…。
本来鴨沢に降りてくる予定じゃなかったので、時間がわからなかったのが敗因かな。 電話でタクシーを呼ぼうとしたものの、ふたりともSoftbankで通じない。 そもそも鴨沢~奥多摩駅ではかなりの料金を取られそうなので、バスがあるところまで歩いてみることにする。

アスファルトの上を1時間ほど歩いたか?ぼろぼろの足でなんとか30分後にバスがあるところまできた。 がら空きの駐車スペースで、休みながらバスを待つ間、靴を脱いでみたところ思ったよりはひどい事にはなってなさそうだった。 ただもう靴を履きたくないので、サンダルに履き替えて帰る。 その後は無事バスに乗って帰宅。

疲れるも充実した二日間だった。 ちなみに後日風邪を引きました。 そんなわけで、今後の課題は以下のとおり。 ・荷物の軽量化。 テント一泊で10kg未満。 ・長時間歩く際の、足の蒸れ対策。 フラッドラッシュスキンメッシュを試してみようか? ・イレギュラーも考慮した下調べ。 バスの時刻表はまとめてアイフォンにいれておこうか。

“雲取山 テン泊登山 2日目” への1件のコメント

  1. […] 2日目に続く […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です